仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HP MicroServer gen8 のP222 RAID カードでRAID1(ADM)(トリプルミラー)
HPのMicroServer Gen8 は、製品名にGen8 と付く通り、 iLO4 を搭載している。
ちょっとした部門サーバーとかファイルサーバーに、とってもいい。

いまどきはHDDやらSSDやら、高速で大容量なので、そのためにRAID、という必要はもはやあんまりないんじゃないかと思ってる。
むしろ、データの保護を手厚くしたい。(天上人の受け売りだけど。)
ということで、MicroServer は3.5インチ・リムーバブルベイが4つと、光学ドライブがひとつあるのだけれど、この光学ドライブを外して、空いたところにSSDを入れて、これを起動ディスクにすることで、4本HDDを「トリプルミラー」+「ほっとスペア」で冗長なデータ領域にする、ということをした。

1.光学ドライブを・・・
20140607145900.jpg

2.外して・・・
20140607145933.jpg


3.マウンタに入れたSSDを搭載。
20140607150811.jpg

4.P222 の設定画面で、HDDを4本とも選んでしまうと、選択肢にRAID1(ADM)(トリプルミラー)がでてこないので、HHDは3本だけ選ぶ。
4本選ぶと・・・
Bpgn6VjCMAAPqe7.png

5.3本だけ選ぶと、RAID1 ADM (Advanced Data Mirroring) が選択肢に出てくる。
最初これに気づけず、RAID1+0 かRAID6 にするしかないのか?と悩んでしまった。
BpgrjKRCQAApAcZ.png

6.トリプルミラーとホットスペアなArray ができた様子。
Bpgx-XlCAAA8uyF.png

なかなかいい感じ。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。