仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Windows8.1のスタート画面をスタートメニュー的な設定にする
自宅のパソコンも順調に代替わりして、おのずとOSがWindows8.1になった。
使いにくい。
なにがどこにあるのかわかりづらい。
でも、あることをきっかけに、それほど気にならなくなった。
それは、「スタート画面は、デスクトップを覆い尽くすほど巨大化したスタートメニューだと思うことにした」のだ。
ただ、そのままだとあんまりスタートメニューぽくない。
どうでもいいストアメニューが邪魔。
シャットダウンボタンがない。(これはWin8からWin8.1になってログインユーザー名の横に追加されたっぽい。)

1.初期状態だとこんな感じ。
スタート画面

2.要らないストアメニューを削除するだけでもだいぶマシに
不要を外す完了

3.あと、シャットダウン画面を手早く呼び出すアイコンが欲しい。
この画面をパッと出したい。
シャットダウン画面

4.シャットダウン画面を呼び出すスクリプトはこんな感じ。
適当な場所に、「shutdown.vbs」とでも名付けて保存。
dim objShell
set objShell = CreateObject("shell.application")
objShell.ShutdownWindows
set objShell = nothing
スクリプトファイル


5.ショートカットを作る。
スクリプトファイルそのものは、タスクバーやスタート画面に留めるのにちょっと制約があるので、単なるショートカットを作る。
ショートカットを作成


6.ショートカットの項目の場所は、「cscript.exe」にする。
引数に、さきほど作ったスクリプトファイルを与える。
こんな感じ。
「 C:\Windows\System32\cscript.exe C:\Users\user00\Documents\shutdown.vbs 」
ショートカットの項目の場所

7.ショートカットの名前は、適当に「ショートカット」とでもつける。
ショートカットの名前

8.アイコンを、電源ボタンのものに変える。
アイコンの場所は、「 %SystemRoot%\System32\shell32.dll 」
アイコンの変更

アイコンを検索

アイコンの選択

9.ここまで来たら、タスクバーやスタート画面にピン留め。
タスクバーにピン留め

10.タスクバーこんな感じ。
タスクバー

11.スタート画面こんな感じ。
右上の、ログインユーザーアイコンの横にも、いつの間にか電源ボタンができている。
こっちでもいいけど、これの難点は場所が固定であること。
まあ、タッチパネルなら指で押せばいいのだけれど。
スタート画面完成

これでようやく、使いやすくなった。







スポンサーサイト

Vaio X の外部アナログVGA
LTSPで起動するところを、プロジェクターで表示したいと思い。

Vaio X でやろうと思ったら、Vaio X の外部アナログVGAは、Windowsからしか出力設定できないげ。
BIOS画面とか、PXEブートの様子とか、LTSPでクライアント・ログインしたデスクトップとか、外部アナログVGAに出力できない。
あー、ちょっと残念。
いちびって見せびらかそうと思ったけど、そんなことで候補落ち。
ほんと使いどころのない子。
ごろ寝時パソコンの座をEeePC901Xとあらそってるわ。


Vaio X のリカバリDVD作成
Vaio Xのリカバリディスクは、ついてこないので自分で作成する必要がある。
さっそく、作ろうと思ってやっていたが、うまくいかない。
DVDーR(2枚必要)では作成できるのに、DVDーR DLやDVD+R DL(1枚でいい)だと、書き込み作業の途中で何度やっても失敗していた。
どこかのブログで、「USBからの給電だけでは電力不足なので、ACアダプタをつけたらいい」というようなことを見たので、試してみたら確かに成功した。
本当にそれが理由かどうかはわからないけど、作成できたのでよしとする。
PC:Vaio X(VPCX11ALJ)
DVDドライブ:バッファローDVSMーPN58U2VーBK

リカバリ領域が2つパーティションを形成していて、Cドライブのほかにつくれるパーティションがどうしても拡張パーティンになってしまう。
なんて仕様・・・。

まあ、Vaio Xは、Ubuntu入れたら画面描画がめちゃくちゃ遅くて、「ドライバが要るのかな?」と思ったけど、Win7上でもめちゃくちゃ描画遅いので、そんなものなのかもしれない。
ブログで「Type Pと同じようなやり方でドライバ入れたら向上する」というような書き込みも見かけたので、おいおい試してみてもいいかもしれないが、いかんせん非力なので、はやくも常用マシンの座からは脱落している。

Aspire Revo R3610 A45 分解
AspireRevo R3610-A45 のWin7は、Home Premium ではあるけれど64bit やった。
その割には、「実装メモリ4GB(3.0GB使用可能)」 とある。
まあグラフィックメモリにでも割り当てられているんやろう。

中身を確認しようと、分解をしてるHPを探す。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20090701_298535.html

要は、本体の底面に、スタンドをさし込むためのほぞが切ってあるのだけど、その中をよくみると目隠しシールが貼ってある。
その中にネジがあるので、これを外さないと分解できないわけ。
これを外すと、側面が外れるのだけれど、「ASPIRE REVO」と書いてある側の側板を、ネジを外したあたりから力ずくでばりっとはがす。
側板は、白い帯部分までが蓋なので、色目違いの分かれ目ではがしちゃだめ。

中をみると、2.5インチHDDや、メモリ、無線LANモジュールなんかがあるのが見えた。
まあHDDへのアクセスは全然問題ないレベル。

これで実質4万5千円だから、まあそんなモンだろう。
けどDELLのStudio Hybridの価格破壊が。
昼から日本橋パトロールや!


支えられていないディスク媒体。
Acer の AspireRevo R3610-A45 を心置きなくUbuntu化するための下準備として、プロダクトリカバリーディスクを作った。
昨今のパソコンは、いちいちそんなものは付いていないので、ユーザーが自分で作らなければならない。
これ、はじめてパソコン買う人には酷なシステムやねぇ。

最初、どこにそのツールがあるか分からず、
 ・メンテナンス→システム修復ディスクの作成
でDVD+R DL ディスクを投入。
できあがったディスクサイズを確認すると、180MBぐらいしかない。
 「これはちがうな・・・。」
よく読むと、「ディスクイメージを復元するときの起動に使います」みたいなことが書いてある。
もう少し探ると、
 ・Acer→Acer eRecovery Management
から、「デフォルトイメージディスクの作成」を発見。
これやな。
さっそくDVD+R DLを投入。
すると、「支えられていないディスク媒体。」と先へ進めない。
確かに、外付けUSBドライブを縦置き(立てかけて)してた。
ほー、揺れでも検知したんかいな。
やるなー、Acer。
外付けUSBドライブを平置きして再チャレンジ。
やっぱり「支えられていないメディアです。」ピーン!
DVDーR にメディアを交換。
再チャレンジ→プログレスバーが進みはじめた。
やっぱり。
和訳が無茶やねん!
多分原文はunsupported media とかそんなんやろ。

ふとDELLのサイトを見ると、Studio Hybrid の価格が暴落してる。
おい、Core2DuoマシンがAspireRevo R3610 と同価格帯やないか!
こっちが本命かぁ???
まあ、サーバのテストも必要やし、買ってもいいよね。
だって最初は10万円のXPS13を入手しようとしてたんだから、出費は同じぐらいだし。
実際に仕事で買う時は4年保守をつけるだろうから8万円弱かな。
またUbuntuのCD持って日本橋のアンテナショップ強襲かな・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。