仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Vaio X のリカバリDVD作成
Vaio Xのリカバリディスクは、ついてこないので自分で作成する必要がある。
さっそく、作ろうと思ってやっていたが、うまくいかない。
DVDーR(2枚必要)では作成できるのに、DVDーR DLやDVD+R DL(1枚でいい)だと、書き込み作業の途中で何度やっても失敗していた。
どこかのブログで、「USBからの給電だけでは電力不足なので、ACアダプタをつけたらいい」というようなことを見たので、試してみたら確かに成功した。
本当にそれが理由かどうかはわからないけど、作成できたのでよしとする。
PC:Vaio X(VPCX11ALJ)
DVDドライブ:バッファローDVSMーPN58U2VーBK

リカバリ領域が2つパーティションを形成していて、Cドライブのほかにつくれるパーティションがどうしても拡張パーティンになってしまう。
なんて仕様・・・。

まあ、Vaio Xは、Ubuntu入れたら画面描画がめちゃくちゃ遅くて、「ドライバが要るのかな?」と思ったけど、Win7上でもめちゃくちゃ描画遅いので、そんなものなのかもしれない。
ブログで「Type Pと同じようなやり方でドライバ入れたら向上する」というような書き込みも見かけたので、おいおい試してみてもいいかもしれないが、いかんせん非力なので、はやくも常用マシンの座からは脱落している。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。