FC2ブログ




仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ubuntu で無線LAN
無線LAN自体をあまり使ったことがなかったわけですが。
親機はバッファロのWHRーG300N。
子機は、
 ・システム→システム管理→ネットワーク・ツール→ネットワーク・デバイス
で、
 ・「不明なインターフェース(ra0)」
となっているのが、無線LANカード。
タスクバー上のネットワーク接続でAPをクリックして、パスワードに
 ・SSID
 ・KEY
 ・PIN
とあるうちの、KEYを入力する。
 ・システム→設定→ネットワーク接続→無線
に設定ができる。
再起動の度に「キーリングのロック解除」とパスワード入力が求められて煩わしい。
NetworkManagerで「接続の編集→無線→編集」で、左下にある「全てのユーザで有効」にチェックを入れると、自動で接続されるようになった。
EeePC901X の内蔵無線LANも、WHRーG300Nにセットで付いていたWLI2ーCBーG300Nも、Ubuntu9.10 で標準で認識されて動いたよ。
Vaio X では、「PINを入力」と言われていれたけどつながらず、「それじゃセキュリティ・キーを入れてみてよ」と言われて、KEYを入れたらつながった。

いやぁ、いまさらやけど、無線LANって便利。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。