仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Aspire Revo R3610 A45 分解
AspireRevo R3610-A45 のWin7は、Home Premium ではあるけれど64bit やった。
その割には、「実装メモリ4GB(3.0GB使用可能)」 とある。
まあグラフィックメモリにでも割り当てられているんやろう。

中身を確認しようと、分解をしてるHPを探す。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20090701_298535.html

要は、本体の底面に、スタンドをさし込むためのほぞが切ってあるのだけど、その中をよくみると目隠しシールが貼ってある。
その中にネジがあるので、これを外さないと分解できないわけ。
これを外すと、側面が外れるのだけれど、「ASPIRE REVO」と書いてある側の側板を、ネジを外したあたりから力ずくでばりっとはがす。
側板は、白い帯部分までが蓋なので、色目違いの分かれ目ではがしちゃだめ。

中をみると、2.5インチHDDや、メモリ、無線LANモジュールなんかがあるのが見えた。
まあHDDへのアクセスは全然問題ないレベル。

これで実質4万5千円だから、まあそんなモンだろう。
けどDELLのStudio Hybridの価格破壊が。
昼から日本橋パトロールや!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。