仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AMD64版Ubuntu でLTSP
Ubuntuに関しては、日本語RemixCDからセットアップすることが多いのだけれど、ものは試しでAMD64版からセットアップしてみたので、メモめも。
感覚的に速いし安定してる。
こっちの方がいい感じ。
要るソフトが全部64bit版があるのかを確認して、いけそうならこっちの方が良さげ。

1.ubuntu-9.10-desktop-amd64のCDからシステムセットアップを済ませる。
2.「システム→アップデート・マネージャ→設定→Ubuntuのソフトウェア」からソースコードのチェックを外し、ダウンロード元をftp.jaist.ac.jpにする。
3.「システム→システム管理→言語サポート」からインストールする。
4.「システム→アップデート・マネージャ」からアップデートをインストールする。
5.「/etc/network/interfaces」を、以下のように編集。
 auto lo
 iface lo inet loopback
 auto eth0
 iface eth0 inet static
  address 192.168.0.254
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.0.0
  broadcast 192.168.0.255
6.「システム→システム管理→Synaptic」から、ltsp-server-standaloneをインストール
7.「/etc/default/dhcp3-server」を、以下のように編集。
 INTERFACES="eth0"
8.「/etc/default/tftpd-hpa」を、以下のように編集。
 RUN_DAEMON="yes"
9.LTSPのシンクライアント・イメージの作成(30分間ぐらい。)
 $ sudo ltsp-build-client --arch i386
10.シンクライアント・イメージへの日本語サポート適用
 $ sudo -s
 # chroot /opt/ltsp/i386
 /# apt-get update
 /# apt-get install language-support-ja language-pack-ja
 /# exit
 # exit
11.再起動。
12.$ sudo ltsp-update-image --arch i386 (5分間ぐらい。)
13.端末をネットワークブートして、ログインできることを確認。

以上です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。