仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おもわずポッチった
テスト環境として、手元にパワフルなノートPCが1台しかない。
自宅と職場を持ってあるくのがめんどくさい。
最近日本橋の中古PCショップでPenM1GHz超クラスのノートPCが2万円ぐらいで、テスト環境としてそれらを喜んで何台も買って使っていたけど、最近はVirtualBoxを使ってでもできる、手間も少ない、ということが分かってきて、「パワフルな1台」がどうしても欲しくなる。

ということもあるけれど、仕事で40台ぐらい導入するにあたり、「ホントにその機種で大丈夫なの?」という一抹の不安もあり、であれば1台買っちゃえ!ということで以下をポチリ。

●dynabook Satellite PXW/57KW
http://www3.toshiba.co.jp/jdirect/catalog/dynabook_satellite_pxw_k/index.htm#bto

なーんにもオプションを選ぶ必要がない、というのがすごいところ。
Core2DuoP8700で4GBメモリマシンが、まさかの79,800円なり。
いい時代です。
納期は1月20日(水)だそう。

選んだポイントは、
・10万円以下
・3年保守オプションの設定がある(僕の私物には不要だけどね。)
・将来的な修理の時に、部品をバラで売ってくれるメーカーかどうか
・CPUがデュアルコア
・メモリが4GB
・PCCardスロットあり(Expressは不可)
・USBスロットが2つ以上
・eSATAとUSBのコンボが1つ
そんな感じか。
特にeSATAに挿したメモリがどう認識(マウント)されるのか、が結構興味深いところ。

はやく来~い!


スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。