FC2ブログ




仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その2: 東大阪ジャンクション -> 第二阪奈道路
精華町行ってきた。
ケーブルテレビ会社のルーターと、無線LAN親機の間が通信できなくなっていた。
一度すべて電源オフして、上流から順番に電源オンしていくと復旧。
PCをオンラインスキャンしたら、幸い何も検出なし。
甥っ子の写真などもDVD-Rに保存して、任務完了。

それだけであればまあそれだけなのだけれど、バイクで行ったので、たどりつくまでが大変だった。

東大阪ジャンクションは、改善していた。

その前段で、東大阪PAでトイレ休憩。
高架道路である高速の下に潜るようになっていて、一瞬側道に降りることになるのかと思ったけど、ループになっていて進行方向から戻る向きの、高速の真下にトイレとコンビニがあった。
しかしまずトイレがあり、さらに300mぐらい戻る向きの先にもうひとつトイレとコンビニがある。
みんな最初に目につくトイレにいくだろうから、このコンビニはPA側からの客は少ないやろうなぁ。
地上やから、多分高速の外からも入店できるんやろう。

で、高速に入り直すと、まず大きな標識が新設されていた。
以前のような不親切な「13号大阪市内・奈良」ではなく、分岐の絵になっていた。
そう、ここって二段階分岐なのよね。
まず「13号大阪市内・奈良」合同の分岐があり、その先で「13号大阪市内」と「第二阪奈道路奈良」に再分岐するわけ。
そういう絵がめちゃくちゃデカい絵で表示されていたので、まあこれなら分かるか。
心の準備もあり、順調に折れることができた。

次の問題。
第二阪奈道路には、阪奈トンネルという5,578mのトンネルがあって、死にかけた。
ほとんどまっすぐで、等間隔にオレンジ色のライトが、5km以上も続く。
だけれども、微妙にあがったりさがったりもしているようだ。
そんななかを60km/hとかで巡航していたら、だんだん距離感やスピード感が麻痺してきて、そうなると平衡感覚や方向感覚がなくなってきて、しまいには寝そうになって、パニックになりそうになった。
たぶん、パソコンのモニタを見すぎて、眼精疲労して動体視力が極端に落ちていたのもあったのだろうと思う。
こんなことは10年以上バイクに乗っていて初めてだったので、コケて死ぬかと思って怖かった。
バイクを信じて、ひたすらじっとしがみついていた。

帰りは、恐ろしくて下道で帰った。
第二阪奈道路、二度とバイクでは行かない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。