仕事じゃLinux、Solaris、Ciscoなど。 趣味じゃProToolsLEなど。 愛車はkawasaki 250TRナリよ。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Live USB メモリから、別のUSBメモリにUbuntuをインストール
Eee PC 901-Xに、2枚のUSBメモリを使って、Ubuntu8.10をインストールします。
1枚目のUSBメモリ(Live CD)から起動して、2枚目のUSBメモリにインストールする、ということをします。
1枚目のUSBメモリ(Live CD)を母艦PCで作れば、EeePC用の外付けCDドライブを用意しなくても、インストールできます。

●発端
もともと、CドライブをDell Mini9用の32GBに交換し、Dドライブが空っぽにできたので、ここにeeeubuntuをインストールしていました。
Windows時のデータ領域用ドライブとしては、SDカードやUSBメモリを使用していましたが、これらはフォーマットがNTFSにできず、FAT32になってしまいます。
システムバックアップファイルなど、1ファイルで4GB以上であるようなサイズのファイルを扱いたい場合に、これでは困ります。(FAT32の制約)
そこで、eeeubuntu をDドライブではなくUSBメモリにインストールしようと思いました。
DドライブはNTFSに戻します。

●用意するもの
1枚目のUSBメモリ・・・1GBぐらい。
2枚目のUSBメモリ・・・8GBぐらい。
eeeubuntuのisoイメージ
UNetbootin

2枚目のUSBメモリは挿しっぱなしにするので、なるべく小さく邪魔にならないのがいいですね。
お勧めはバッファローのRMUM-8G/WH(5mmしか出っ張りません)です。
http://buffalo.jp/products/catalog/flash/rmum_wh/
私は1GB版と8GBのmicroSDHCを別途買って、中身を入れ替えて1枚目と2枚目にしました。
なかに入っているメモリが防水仕様でちょっと割高だったので。

★次から実際の作業になります。

●ステップ1:
UNetbootinを使って1枚目のUSBメモリをLiveCDにする。

●ステップ2:
1枚目のUSBメモリから起動。
ASUSロゴの白い画面で 「Esc」キー押下。
(いきなりXPが起動するよ、という人は電源ON時にF2を押す。タイミングは、インジケーターが光ったらすぐ。ASUS Update をすると、こうなるみたい。)
起動ディスクを選択する画面になるので、Generic USB を選択。

●ステップ3:
Ubuntu が起動したら、2枚目のUSBメモリを挿す。
自動マウントされるが、マウント状態ではインストール・ターゲットにできないので、アンマウントする。
「8.0GB Media」などとなっているので、右クリックして「Unmount Volume」を選択。
(本当は2枚とも挿して起動してもOK。ただ起動ディスク選択で区別ができないので迷う。)

●ステップ4:
デスクトップ上にある「Install」アイコンをクリックし、普通にインストール。
インストールの4/7「ディスクの準備 どのようにディスクを分割しますか?」のときに、
◎ガイド - ディスク全体を使う
◎SCSI5 (0,0,0) (sdc) - 8.0GB Generic USB SD Reader
⇒進む
とする。
ちなみに
2枚目USB(インストール先)・・・左側のUSBポート
1枚目のUSB(Live CD)・・・右側のSDスロット側のUSBポート
に挿しました。
どこのUSBポートに挿すかによってこのへん若干違うでしょう。
(この場合、起動ディスク選択画面では2枚目が上、1枚目が下に表示されました。)

●ステップ5:
再起動する。
WindowsXPで起動したい場合・・・何もしなければXPで起動します。
Ubuntu(2枚目のUSBメモリ)で起動したい場合・・・ステップ2と同様に、ASUSロゴの白い画面で 「Esc」キー押下。
同じく、いきなりXPが起動するよ、という人は電源ON時にF2を押す。
Cドライブには何の変更もされてないので、USBメモリを抜けば痕跡なしになります。
便利。

以上だぎゃ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。